島根県仁多郡奥出雲町を中心に、住宅建築や店舗・施設建築・住宅リフォーム・古民家再生を行っている松崎建築/さくらリフォームです!
メニュー
営業エリア
当社より1時間以内に訪問できるエリアに限定させて頂いています。
島根県仁多郡(奥出雲町)、雲南市、安来市(旧能義郡含む)、東出雲町、松江市、鳥取県日南町

仁多米ショップへ

スタッフブログ
青レンジャー
ここは松崎好明のブログです。
隆利(兄)ブログ
好明(弟)ブログ
真由美(兄嫁)ブログ
リンク集

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | by スポンサードリンク

 我が家はオール電化。
電気温水器は370L。エコキュートではありません。
現在1人+愛ネコ なつと暮らしております。
自宅兼営業所という形で使っているので、昼間の在宅もあります。
電気契約はファミリータイプ1 6KVA

そこで、現在の電気温水器からエコキュートに替えた場合の光熱費はどうなるか?

月平均の光熱費 12000円
(年間時間帯別使用率)
デイタイム(10時〜17時)率 23.83%
ファミリータイプ(8時~10時、17時~23時)率 46.96%
ナイトタイム(23時~8時)29.21%

結果は年間約15000円削減。月ならば15000円÷12=1250円
となりました。
1年間で15000円の差だと10年間で15万円。エコキュートと電気温水器の価格の差から現在の暮らしのパターンだと、エコキュートにするメリットはあまりない感じがします。

オール電化ですでに電気代は安くなっていますので、費用対効果は少ないですね。
もちろん、我が家での試算です。
家族が多い家庭ならば、使用量も多いので、メリットは大きく出てくるでしょう。
(ちなみに電気温水器の約三分の一の電気代といわれるのがエコキュートです。
マイコン割引は温水器に比べエコキュートは少ないですが、そのかわり電気代が安いので、家族の多い家庭ならば、エコキュートはお勧めです)

後、数年IHで調理していますが、やはり鍋は少々値がはっても、熱伝導率の良いものがいいです。
厚手の鍋やフライパン。
IHの火力、特に3kwはこげつきや、温度ムラが安い鍋だとけっこう出てきます。
料理される方のストレスになるかも。
それから、炒め物に限っては、やはり、ガスの方がおいしいですね〜(私の見解ですよ)
直火にふれ、瞬時に水分を飛ばす・・・ここの辺の事はIHでは難しい・・・と僕は思いますね〜。
ガスとIHの違いは、火があるかないか・・・ただこれだけです(^^)

直火にこだわれば、おのずとガスコンロになりますよね。
料理される方に聞いてみないと。

話はかわりますが、これなんだかわかりますか?↓
自家用

そう、ソーラーパネル。持ち運びができる、太陽光発電です。
なかなか、持ち運ぶのも大変かもしれませんが、災害時には役立ちそう^^
太陽の恵みはすごいエネルギーの量です。
地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1m2当たり約1kW。もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーであり、しかも、枯渇する心配がありません。
(JPEAのHPの引用です。)
太陽光発電も普及率はうなぎのぼりです。今回の震災や原発問題など、自給自足のエコライフを取り入れる活動も今後、更に加速してくるのは間違いありません。

自然のエネルギーを頂戴するのに太陽だけでなく風も
風車
これも、
ダリアス
これも活躍しています。↑ダリウス型の風力発電です。自然の恵みです。
あれ、温水器から、太陽エネルギーなどの話になっていましたね(笑)







| - | - | - | - | by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最新記事
コメント
カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索
mobile
qrcode
others


ページトップへ戻る